第 191回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会

概要

■テーマ:価値とインタラクション   
■予定企画: 招待講演(調整中),オンライン懇親会(企画中)
■開催期間: 2021年 1月28 日(木)・29日(金)
■開催場所: オンライン
■発表申込締切:2020年 12月 4日(金) 23:59 締め切り延長しました!!!
■原稿締切: 2021年 1月 4日(月)23:59 ※厳守
■申込方法: Webフォーム経由での申し込みになります。次のURLから申し込みを受け付けます。https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/HCI/
■参加方法:マイページから参加登録をお願いします。https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/hci191.html
■問い合わせ先: sighci191 [at] sighci.jp

発表申込と論文投稿のご案内
■発表申込締切: 2020年 12月 4日(金) 23:59 締め切り延長しました!!!
■原稿締切:   2021年 1月4日(月)23:59 ※厳守
■原稿ページ: PDF形式 8ページ以内
※原稿締切が厳格化されています。原稿締切時点で提出されていない申込は自動的に取下げとなり、締切後の提出は一切認められませんのでご注意ください。
※原稿締切後の取下げ・差替えは原則として認められません。
※多数の発表申込をいただいた場合先着順での受け付けとさせていただき上限を超えた場合には発表をお断りすることがございます。

Webフォーム経由での申し込みになります。
論文タイトル・概要・著者リストなどの情報を手元に用意した上で
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/hci
からリンクをたどって、フォームに記入して申し込みをしてください。 原稿の送付も同じシステムで行います。
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

■参加費:
以下のページを参照してください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html

★表彰に関するご案内★
HCI研究会では,学生奨励賞,研究会貢献賞という2つの賞を設けております(詳細はこちらをご確認ください)。
申込フォームの【研究会への連絡事項】欄に、これらの賞へのエントリー等に関する質問(項目A~C)を記載しておりますので回答をお願い致します。
------------------------------------------------------------
【研究会への連絡事項(不要な方を削除してください)】
 A. 発表者は学生(学生奨励賞対象者)ですか?:はい/いいえ
 B. 発表者は研究会貢献賞※に該当しますか:該当します/該当しません
  ※同一発表者による発表が1年間(年度をまたいでも良い)に3回以上
 C. HCI研究会MLへの新規登録:希望します/希望しません(登録済)
------------------------------------------------------------

アンチハラスメントポリシー
HCI研究会では、分野の継続的な発展のためには、自由な思考と表現、そしてオープンな場における敬意のある科学的な議論が重要だと考えています。これらには、その価値と役割を理解・尊重し、多様な価値観を認め合うコミュニティと場が必要です。HCI研究会では、研究会に関わる全ての人々にハラスメントのない環境を提供するために努力します。HCI研究会では、どのような形態であれ参加者へのハラスメント行為を容認しません。ハラスメントには、ストーカー行為、望まない写真撮影や録音・録画、不適切な接触、人種、性別、宗教、年齢、色、外見、国籍、祖先、障害、性同一性、性的嗜好に基づく嫌がらせ、およびそれらに関連した不快な言動が含まれます。このポリシーには挑戦的な科学的議論を妨げる目的はありません。むしろ、ハラスメント行為を防止することであらゆる参加者を歓迎し、オープンな場で科学的な議論を行うことを促進することを意図しています。ハラスメント行為を経験した、あるいは、目撃した人はHCI研究会幹事に連絡してください(http://www.sighci.jp/users/committee)。ハラスメント行為が認められた場合は、その参加者に対して研究会が適切と考えるアクションを行います。
SIGHCI191担当
主査:木村朝子(立命館大)
幹事:小倉 加奈代(岩手県立大学),
担当運営委員:岩本 拓也(サイバーエージェント),井原 雅行(NTTサービスエボリューション研究所),中村 聡史(明治大学),吉高 淳夫(北陸先端科学技術大学院大学)